NeuShield Data Sentinel

ワンクリックでランサムウエアの暗号化からシステムを解放
 

ランサムウェアとの闘いは終わりました

ニューシールドデータセンチネルで防御から復旧へ

2022年に入り、日本の大手企業が次々とランサムウェアの被害を受けています。現在、ランサムウェアは、法人組織のセキュリティにおいて、最大の脅威として認識されるまでになっています。

特に医療業界での被害は深刻です。攻撃を受けた病院では院内データにアクセスできなくなり、その対応のため「新規患者の受け入れ停止」や「緊急患者の受け入れ停止」が数日間も発生しています。

担当できる人材の不足、具体的な対策に関する情報不足、不十分な予算など、現場での課題が多数存在する中、個人情報保護法に関しては罰金刑を含む形で義務化が進みました。

ニューシールドデータセンチネルでは、保護されるデータにシールドを定期的に作成して、元データにアクセスできないようにしています。攻撃を防ぐのではなく、被害を最小限にするという考えです。

バックアップデータを作成しないので、システムへの負担が小さくなります。容量は保護されるデータ容量の10%。CPUの使用率は0.1%以下。メモリも10MB以下です。大規模な設備投資を必要としません。

多数のメディアでの受賞歴とレビューの実績があります

■ ミラーシールディング™による防御と即復旧
 シールドは差分が定期的に管理、保存され、最新の状態で上書きされていきますので、万が一、ランサムウェアやワイパー型マルウェアに攻撃された場合でも、簡単な操作により、OS部分から攻撃を受ける前の状態に戻すことが可能です。

■ バックアップコストの削減
 データセンチネルの優れた特徴として、容量が非常に小さくて済むことがあげられます。従来のようにバックアップツールを使って巨大なバックアップデータを保存する必要がありません。データを格納するストレージなどコストのかかるリソースを削減することが可能です。履歴を保持するのに必要なサイズはデータ保存容量の10%以下です。

■ 導入と運用が簡単
 WEB上のニューシールード管理ポータルを使用すれば、誰でも簡単に設定を完了することができます。また、復元もわずかな手順だけで完了します。アンチウイルスソフトのように定期的なファイル更新は必要ありません。今まで大規模な設備投資が必要と考えられていたランサムウェアやマルウェアの対策に直ぐに着手することが可能です。

■ パフォーマンスを維持
 パフォーマンスへの影響はありません。CPU使用率、0.1%以下。メモリー使用は10MB以下です。

■ ブートプロテクション
 攻撃的なタイプのランサムウェアがブートプロセスを乗っ取って、ブートレコードに書き込みを行わないように、ドライブのブート部分を保護します。

■ ディスクプロテクション
 破壊的なランサムウェアやワイパーなどの悪意を持ったプログラムがHDDやSSD上のデータを破壊しないように、直接のディスクアクセスを監視して防止します。

■ データエングラム™
 ミラーシールディング™を利用したリビジョンの履歴を持っていますので、ドキュメントを変更した後に、過去の状態に戻すことが可能です。基本的には、異なる時点におけるファイルのコピーを作成するという技術です。

■ ファイルのロックダウン
 FUD ( Fully UnDetectable ) と呼ばれる全く検知できないランサムウェ アから攻撃を受けた場合、その間、保護されたファイルへの書き込みを一時的にブロックしてファイルを保護致します。

■ クラウド保護
 ランサムウェアによる被害は、クラウドドライブを使用すると指数関数的に増加する可能性があります。データセンチネルはローカルのクラウドドライブフォルダを保護することで、破壊または破損され たデータをネットに接続せずに迅速に復元致します。 Microsoft OneDrive、Google ドライブ、Dropbox をサポートしています。

データセンチネルで保護対象にしたフォルダの元ファイル

ミラーシールディングで元ファイルをシールドします

設定時間ごとにシールドが作成されて、最新以外のシールドは書き込み不可になります

ランサムウェアが暗号化しようとしますが、最新のシールドにしか書き込みできません

暗号化されたシールドを取り除くことで、その直前までの最新ファイルに復旧できます

■ メインテナンスでの利用(リモート、オンプレミス)
 システムメインテナンスの際に誤って消してしまったファイルやフォルダを復元するなど、ファイル単位でのリカバリーを行う機能がありますので簡単に復旧が可能です。

■ テストケースでの利用
 テストを行うときに、テスト前の状態を維持したいという場面で活躍します。テスト前の環境にワンクリックで戻すことが可能です。ファイル削除やバックアップ戻しの時間が不要になります。

■ 情報システム部からのリモート復旧に利用
 現場での操作間違いによりシステムが立ち上がらなくなってしまった、何故か上手くアプリケーションが動かなくなってしまったという場合に、リモートからワンクリックで復元します。

ニューシールドデータセンチネルは、既存のアンチウイルスソフトと何が違いますか?

 従来のアンチウイルスソフトやランサムウエア対策は、防御が主体になっていました。ゼロデイ攻撃や未知のウイルスには対応できず、ふるまい検知やサンドボックスで対応しています。しかしながら、ランサムウエア被害は増大しています。ニューシールドデータセンチネルは、攻撃を受けた際、如何に元のデータに戻すかを考えて作られており、未知のランサムウェアによる攻撃で感染したとしても、ミラーシールディング™ 技術を利用することで、重要なデータを保護することを可能にしています。

ニューシールドデータセンチネルは、既存のアンチウイルスソフトの代わりに使えますか?

 ニューシールドデータセンチネルは、既存のアンチウイルスソフトウェアと共に、システムデータを保護しています。アンチウイルスやエンドポイントセキュリティソフトとの併用ができるように設計されています。

ランサムウェアは常に進化していますが、どのように脅威に対応していますか?

 ニューシールドデータセンチネルは定期的に拡張機能を更新していますが、重要な機能である「ファイル復元」のために定義ファイル等を更新する必要はありません。 特許出願中のミラーシールディング™テクノロジーにより、定期的な更新なしでも、最新の脅威から保護された状態を維持することができるようになっています。Windowsや他のソフトによる意図しない変更や不具合、また、ソフトが動かなくなってしまった場合の取消や復元にも利用可能です

クラウドには対応していますか?

 データセンチネルはローカルのクラウドドライブフォルダを保護することで、破壊または破損されたデータをネットに接続せずに迅速に復元致します。 Microsoft OneDrive、Google ドライブ、Dropboxをサポートしています。

その他の質問に関しては下記のFAQ専用ページをご参照下さい。

          

Product List

その他のプロダクト