LOADING...

INTERVIEW MID-CAREER

役員や上司が「それっぽくない」
そこが魅力ですね

先輩インタビューK.T(34)

ICT事業本部インフラ事業部
プラットフォームデザイングループ リーダー

フットワークの軽さが
入社の決め手でした

学生時代は商学部で、バリバリの文系でした。就職活動のときは他の業界も見ていたんですが、最後に残ったのがITでしたね。新卒で0から学ぶなら、やる気次第で出来ると思ったんです。また大手ではない企業風土のほうが好きで、上の人ときちんと話がしたいですし、組織のまとまりが好きだったので、中堅・中小の企業を見ていました。その最初の会社は30~40名くらいのシステム会社だったんですが、まさかの倒産してしまいました。その際会社でも次の職場を用意してくれたんですが、イマイチ私の感覚と合わなくて、自分で探すことにしました。その時に現場で同じだったテクノブレイブの上長に誘われ、すぐに取締役との打合せを設定して頂きました。その時にお会いさせて頂いた取締役から、握手で「入社!」と言われたのが衝撃的でしたね(笑) 以前はドラスティックな会社で、働いていく中で何かを一緒に頑張れる気はしなかったんです。そのため、熱意というか人柄というか、フットワークの軽さも含めて感銘を受けまして、ここなら安心だと思い、入社を決めました。

枠を決めず、仕事をすることが
大切だと思います

最初の仕事はお客様先での社内SEのようなもので、いわゆる何でも屋さんでした。約2年半ほどその現場で仕事をし、現在は自社での請負で、クラウド案件に携わっています。Azureを使ったインフラ構築をリモートで行っているので、地方のお客様と電話やテレビ会議などで打合せをしています。仕事のやりがいの部分だと、インフラは特にだと思いますが、小さく、広範囲の仕事が多いんです。開発だったらコードを書く、テストをするなど1日の流れがあるかと思いますが、私の仕事は細かい仕事が多いので、タスクはいくらでも増えていきます(笑) もともと1つずつ解決して満足するタイプなので、コツコツとタスクを減らしていることが楽しみの1つですね。意識的に前を向く、枠を決めないなど、伸びやかな人がインフラには向いているのかと思います。

グループメンバー全員で出来る
プロジェクトにしていきたい

私を誘って頂いた上長はもちろん、今後は自分がお世話になった人に、より働きやすい環境だったり、仕事を作っていきたいです。今チームメンバーは10名ほどなんですが、今の請負プロジェクトを大きくして1つの現場にまとめていきたいと思っています。私もまだまだ若輩者ですが、今の時代、転職はなるようになるとは思います、ただ大事なのは今の課題は何か、自分が何を希望しているのかをはっきりさせて、色々企業を回ってほしいと思います。その1つの答えにテクノブレイブが入ってくれれば、とても嬉しいことですね。

PAGE TOP